輸入代行って何?|ヘルペス治療薬やフィラリア予防薬ストロングハートプラスは通販で!

輸入代行って何?

オレンジの錠剤

ストロングハートプラスのような通常病院で購入するような予防薬や、ヘルペスの治療薬のような病院でしか貰えないはずの薬を購入できる通販サイト内には「個人輸入代行」というような言葉が書かれている事が有ります。
この個人輸入代行というのは、読んで字のごとく注文した人の代わりに商品を輸入するという意味です。
しかし、通常の通販サイトの場合でも海外から商品を取り寄せて購入する場合は輸入になりますが、どうして薬の購入のときにだけこのような表記がサれているのでしょうか。

実は通販を利用した薬の購入は元々禁止されていたのですが、日本で未認可となっている薬がなければ病気の治療ができないという人のために薬事法を個人利用に限り、個数制限を掛けつつも購入を認めるという法改正が行われたのです。
しかし、買えるようになったからといっても相手は海外、つまり日本語が通じない企業と直接やり取りをして購入を行える人は極少数です。
せっかく買えるように法律が変わったのに購入できないのなら本末転倒だ、ということで注文した人の代わりに薬の製造企業や販売店と連絡を取って薬を仕入れ、注文者に発送する仲介役として個人輸入代行業というビジネスが出来たのです。
なので、代行業者は常に商品を手元にキープしてあり、注文が来たらそれを売るというわけではなく、注文が来る度に指定数を仕入れて発送を行います、そのため注文してから実際に到着するまでに2週間ほどの間が空いてしまう事があるので、必要になる事が予めわかっている薬は早めに注文しておきましょう!